【Hello WOVN#19 かんちゃん、カセニヤ、しんけ、うえむら】WOVN に入社した理由、実際 WOVN ってどう?
見出し画像

【Hello WOVN#19 かんちゃん、カセニヤ、しんけ、うえむら】WOVN に入社した理由、実際 WOVN ってどう?


いつも Hello WOVN を楽しみに待っていただいているみなさん、こんにちは!

今回は2020年3,4月入社の一部の方々に、WOVN に入社したきっかけや入社前はどんなお仕事をしていたのか、WOVN ではどんな業務を行っているのか、はたまた WOVN に入社してよかった?やりがいはあるのか?などなど様々なことを聞いてみました😁

インタビューを受けてくださった方々はこちら↓

画像1

・かんちゃん 
  マーケティング(2020年12月当時、現在は一時的に BizDev を担当)
・カセニヤさん 
  Product Engineering(PE)
・しんけくん 
  Field Sales(FS)
・うえむらさん 
  コーポレート

アルパカと右上はインタビューを行った、CB チームのえっかちゃんと私、くぉんです🙌


ー今やっているお仕事内容と、WOVN に入社する前のお仕事は?

しんけくん:FS チームに所属しており、顧客になる企業・顧客企業との商談、受注までを行っています。
WOVN に入社する前は2社経験していて、1社目は人事、会計系のソフトウェアの開発から販売まで行っている会社の営業をしていました。2社目は人材系の広告営業をしていたので、ずっと営業畑で働いています(笑)。
(FS はいわゆる外勤営業。詳しい内容は The Model についてをご確認ください↓ )

かんちゃん:マーケティングチームでコンテンツプランニングを行っています。
普段 WOVN のことを世の中に発信するために、Web でセミナー(ウェビナー)を開催したり、社外のイベントに参加したりしています。ウェビナーは、WOVN 単独で開催することもありますが、他社と協力して「共催」という形で開くことも多いです。
勿論、ただセミナーを開くだけではなくて、ウェビナーやイベントで顧客になりそうな企業のデータを収集し、Inside Sales(IS)にバトンタッチするところまでがミッションです。
(IS の業務については、宇都さんの記事を↓)

前職では、マーケティングとは全く関係のない仕事をしていました。
新卒で外資系のコンサルティング会社に入社して、調査、戦略立案、業務改革などの幅広いプロジェクトを3年ほど経験し、2020年の4月に WOVN にジョインしました。

カセニヤさん:PE チームでソフトウェア開発をしています。WOVN に入社する前からずっとソフトウェア開発を行っていました。
ソフトウェア開発は、コードを書くイメージがありますが、コードを書くだけではなく、なにをどうすればソフトウェアが改善できるか、新機能を作るためにはどうすればいいのか、などの設計も行っています。

大学生のころからソフトウェア開発者として働きはじめたので、もう8年になります。
実は、祖母は同じ仕事をしていたので、影響されました(笑)。
祖母はソビエトに住んでいたのですが、祖母が若いころのソビエトにはプログラマーが必要とされていたようで、プログラマーになった、と聞いています。女性のプログラマーは珍しいですが、私は幼いころから身近にプログラマーがいて、11歳ころから簡単なゲームなども作っていました😁

うえむらさん:コーポレート部門で、リーガルチームに所属しています。
担当している業務内容は2つあって、
・契約書のチェック
・知的財産にかかる特許・商標の出願/管理
をしています。

前職では車両系機械メーカーで知的財産の仕事をしていました。お仕事をしているうちに業務の幅を広げたいと思って、法務に関係する仕事もできる会社を探していました。
ですが、専門的な領域なので、未経験の私を受け入れてくれる会社がなかなかなかったんですよね…🤦‍♀️ですが、WOVN ではもともとやっていた知的財産に関係するお仕事の経験も役立つし、かつ未経験でも法務の業務もできるとのことでしたので、WOVN に入社しました💕

ーWOVN に入社した理由は?

しんけくん:一番大きいところは、自分がよくお世話になっていた人、仲良い人が楽しそうに働いていたこと!
ぼくも楽しく働きたいと思っていたので、自分が信頼している人が楽しいというのならば、間違いないと思いました👍

あと、WOVN のプロダクトもとても共感できるものだったので、入社したいと思いました。WOVN がなんのために存在しているのか、WOVN を通じてどんな課題が解決できるのかがすごく納得できたし、自分が営業して世の中に広めたいと思いましたね。

かんちゃん:それ、凄く共感するなぁ。僕も面接を通じてお話を聞く中で、WOVN ってすごくいいなって思ったのも、入社を決めた理由でしたね。
僕の場合、前職のビジネスモデル的に今まで携わってきたプロジェクトの成果が見えづらくて、もっと「やったぞ!」って達成感を得たいと思っていました。
WOVN は「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」というミッションを掲げていて、たくさんの企業の Web サイトの多言語化を進めているから、成果が目に見えるんですよね。多言語化を進めた結果、売上が伸びたとか、アクセス数が増えたといったユーザーの声も聞くことができるので、やりがいを感じる場面が多いと思います。
あとは、やっぱり人柄😆
特に、最終面接で面接官をされていた副社長の上森さんは、何てフランクな方なんだろうって(笑)。話していくうちに、こういう方が副社長だったらきっといい企業なんだろうなと思って、迷わず入社を決めました。

カセニヤさん:確かに、いい意味で WOVN って自由なところがありますよね。
私もそういうところが好きで入社を決めました。
ずっと語学の勉強をしていて、日本に就職を決める際も、日本の職場がこわいって印象が強くて…残業とか…上司がこわいとか…(笑)。悩んでいたんですが、WOVN はそんな心配がないです。上司には言いたいことが言えますし、ヘアスタイルや服装なども、仕事に支障がなければ自由にできる。

語学の勉強をしているプログラマー、しかも日本で働きたいと思っていたので、多言語化ソリューションを提供している WOVN は自分にぴったりだと思いました。

ーWOVN に入社して、どう?😏

うえむらさん:本当によかったと思っています(笑)。
ずっと望んでいた業務の幅を広げることもできましたし、あとみなさんがいうように、人が良い。何事も相談できる環境だと思いますし、あと、みんな頭がよくて、的確に指示していただけるので勉強させていただいている身としてはとてもありがたい環境です✨

かんちゃん:僕も!
WOVN での仕事は僕にとってやりがいしかない😆
実は WOVN に採用いただいた時、マーケティングの採用ではなかったんです。ですが、入社した後、上司に「マーケティングやってみない?」と声を掛けていただいて、マーケティング部門に転身しました。元々マーケティングに興味があるということは伝えていたので、覚えてもらっていたことがとても嬉しかったですし、WOVN はやりたいことがあれば、できる環境なんだと実感しました。

しんけくん:毎日すごく楽しいです。
みんながいうように相談しやすい環境ということもあって、リモートでオンラインになってしまったけど、コミュニケーションも比較的とりやすいと感じています。

また、営業としてのやりがいも日々感じています。
WOVN は単なる翻訳ツールだと思われることが多いんですが、翻訳ツールだけじゃなくて、Web サイトの多言語化ソリューションということ。Web サイトの多言語化・ローカライズするためのものだということを顧客が理解してくださったとき、とてもやりがいを感じます。

カセニヤさん:日本で働くというのは結構な決心が必要でした(笑)。
日本語でのコミュニケーションも最初は難しかったのですが、少しずつ慣れてきたところです。今は以前より自信がついたので、打ち合わせでも思ったことを伝えることができます。
外国人が多い会社ということもあり、英語と日本語を交えて会話していますが、まだ私は英語のほうが楽です😂


ーWOVN を友達に紹介するとしたら、なんて説明する?

うえむらさん:いい意味での自由。風通しがいい。

かんちゃん、しんけくん、カセニヤさん:同意(笑)


ーどんな人と働きたい?

カセニヤさん:柔軟な思考を持っている人!色んな考えを受け入れられる人がいいです。多国籍企業ということもあって、言語も文化も違うので、違いを受け入れられる人がいいなと思います。

うえむらさん:それは私も思います!違いを受け入れられるような人もそうだけど、違うと思ったことに対して、一旦は受け入れてすり合わせができる人がいいなと思います。コミュニケーションをしっかりとっていきたい!

しんけくん:確かに。仕事内容的に、一人で仕事をするのではなく、チームプレーをすることが多いので、思いやりのある人がいいな、と😊

かんちゃん:うんうん、あと、ポジティブな人がいいな。ベンチャー企業ということもあるので、思いもよらぬ問題や課題がわっさーと降ってきたりするので🤣
「この問題は、どうすれば乗り越えられるのだろう」というように、まずは目の前の課題をポジティブに捉えて、チャレンジできる人がいいなと思います!

画像2

みなさん、楽しく読んでいただけたでしょうか😊

現在、Wovn Technologies では各ポジション積極採用中です!
ご興味をお持ちいただいた方は是非コチラからご応募ください!
カジュアル面談からでも大歓迎です。

Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 20カ国以上から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVNカルチャーをインストールしてみますか?