ついにキックオフ。「WOVN ESG プロジェクト」とは?
見出し画像

ついにキックオフ。「WOVN ESG プロジェクト」とは?

WOVN では新たに社内有志メンバーによる ESG プロジェクトが立ち上がりました。1回目となる本レポートでは、プロジェクトの概要と MPower さんとのキックオフの内容などご紹介します。

WOVN はこれから ESG を意識した経営を行います

7月に行われた全社員参加の Company meeting にて「ESG プロジェクトを発足する」との発表がありました。

そもそも ESG とは、 Enviroment(環境)・Social(社会)・ Governance(ガバナンス)の3つの要素で構成され、企業の長期的な成長にはこの3つの非財務的な観点が影響するという考え方です。

ESG に関しては多くの書籍やネットで紹介されているので是非調べてみてください。

私たち WOVN が、企業としての社会的責任を果たしながら更に上のステージに成長していくために、 ESG という観点は欠かせないという経営判断に至ったのです。そして、Vision とMission の実現に向けた中長期的な成長戦略の一環として、「事業戦略」と「ESG/SDGs 基本方針」の2軸で KPI を置くことになりました。

全社ごとの経営マターとして部門横断型の横串プロジェクトチームを発足し、プランニングから実行まで取り組んでいきます。

スクリーンショット 2021-10-05 11.26.20

ESG プロジェクトの発足

WOVN の歴史の中でも、普段の業務とは直接関係のない横串の大規模プロジェクトはとても珍しいケースで、社内で有志を募ったところ多くのメンバーが手を挙げました。
25カ国以上から集まる多国籍なチームが故に社内の関心がとても高く、人気となったこの ESG プロジェクト。

手を上げてくれた沢山のメンバーの中から、CFO 藤原さんをリーダーに、Product、Solutions、Corporate/CEO’s office の各 Division から10人がプロジェクトメンバーとして参画してチームを作りました。

スクリーンショット 2021-10-05 11.15.15

(Slack でプロジェクトメンバーを募る藤原さん)

多様性に満ちたメンバー構成

8月に入り、プロジェクトメンバーのキックオフミーティングが開催されました。まずはメンバーが参加理由を含む簡単な自己紹介を行いました。

●藤原(Fujiwara)
CFO
今後 WOVN を持続的に成長させていくために、この重要な ESG の課題について全社ゴトとして皆と取り組めることをとても楽しみにしています。まだ決まった正解のある課題ではないので、皆で勉強しながら考えを出し合って、WOVN にとっての ESG を作っていきましょう。

●Maduranga(マドウランガ)
Product / Infrastructure team
エンジニアですが、ビジネスサイドのみなさんと一緒に働くチャンスだと思い応募しました。

●Eli(イーライ)
Product / 新サービス開発
多様な方々にアピールしていけるようお手伝いしたいと思います。
また、無駄を減らしたいです。 再生可能な資源を使った質の良い販促資料を作りたいと思っています。

●Fiona(フィオナ)
UI/UX Designer
ユニバーサルプロダクトデザインやアクセシビリティの観点で ESG と UX も繋がっていると思い、興味がありました。また、ビジネスサイドの方々と一緒に働ける良い機会なので、様々な視点から物事を俯瞰して意見交換ができると思います。

●なほか(Naoka)
Business Development
WOVN への入社理由が SDGs への関心でした。

●小駒(Goma)
Solutions / Marketing
インターンですが、学生時代の海外ボランティアの経験や投資に関して勉強したことが活かせるかもと思いました。

●山﨑(Take)
Solutions / Enterprise Success
会社のメンバーが少人数だった頃から在籍していたこともあり、成長の中で働き方などいくつかの課題を感じています。会社の特徴でもある多様性を活かし、働きやすい環境を作り上げる一助になりたいと考えています。


●なつみ(natsumi)
CEO's office
初の女性社員として初期から WOVN を見てきたこと、また子育てとの両立も糧に、更に良い会社にすべく様々な視点から力添えできればと思いました。

●あい(ai)
Corporate / HR
前職でも多国籍環境で働いていたこともあり、ダイバーシティは単純に国籍の多さだけではないと思っていて、そこを追求したいです。

●松村(Matt)
Corporate / Corporate engineer
情シス担当なので、情報セキュリティや IT 統制にも関わるため、ガバナンスのところに強い興味がありました


そして、プロジェクトメンバーが Division 横断の3人体制でチームを組み、それぞれが、設定した課題に取り組むことになりました。

画像2

MPower さんとのキックオフ

7月の資金調達で新たに株主として参画していただいた、日本初の ESG 重視型グローバル・ベンチャーキャピタルファンドである MPower さん(MPower Partners Fund L.P.)との顔合わせ兼キックオフを開催。

MPower さんからは、General Partner の関さん、キャシー松井さん、村上さんをはじめ6名の豪華メンバーにご参加いただき、とても強力な心強い支援体制を組んでいただきました。

まだ ESG 初心者である私たちに対して ESG の基本的な考え方や、オーストラリアの Atlassian やアムステルダムの WeTransfer など海外の先進事例を中心に参考になるケースをご紹介いただきました。

また、社外の視点から WOVN が検討できるマテリアリティ候補案を、Environment・Social・Governance それぞれで複数あげていただきました。


ESG プロジェクトに関して、 MPower さんには要所要所でミーティングにもご参加いただき、お知恵を拝借する形で伴走いただきながら、ゴールを目指したいと思います。

スクリーンショット 2021-08-27 13.01.36 (1)

(MPower さんとのキックオフはあっという間の1時間でした)

半年後の開示を目指したロードマップ

ESG プロジェクトでは、半年後を目安に Web サイト上で情報開示できるようロードマップがひかれました。

スクリーンショット 2021-10-05 11.25.20

全社ごととして取り組んでいくことになったこの ESG プロジェクト。
残念ながら人数の関係でプロジェクトメンバーに入れなかったメンバーや、その他全社メンバーとも意見交換や活動内容報告の場として ESG 専用の Slack チャンネルが設けられています。

今後も WOVN MAGAZINE にて定期的に ESG プロジェクトレポートを公開していきます。
このプロジェクト果たしてどうなるか?一緒に見届けていただけたらと思います。

Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 20カ国以上から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVNカルチャーをインストールしてみますか?