【Hello WOVN #15 Aleksey】WOVNは私の夢と最終的な目標を叶えてくれた場です。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【Hello WOVN #15 Aleksey】WOVNは私の夢と最終的な目標を叶えてくれた場です。

※日本語と英語で作成されています。

画像3

Hello, my name is Aleksey Vasil Bolyshkanov. I am 28 years old and on the Localize team at WOVN. I was born in Russia but grew up in the USA in California. I’m a big language nerd, love all things related to Japanese and Japan, and have a penchant for dad jokes. I also love Gundam, Gunpla models, and cosplay (I used to make Gundam costumes). Some of my other hobbies include playing lots of video games, snowboarding, reading, Dungeons&Dragons, and Warhammer (regular and 40k).

こんにちは、私の名前はアレクシ・バシル・ボリシカノブです。
28歳で、WOVNのローカライズチームに所属しています。ロシア生まれですが、アメリカのカリフォルニアで育ちました。私は言語オタクで、日本と日本に関連するすべてが大好きで、口からおやじギャグが後を絶たない。ガンダム、ガンプラ、コスプレも大好きです(以前はガンダムのコスプレを作っていました)。他の趣味としては、テレビゲーム、スノーボード、読書、Dungeons&Dragons、Warhammer(レギュラーと40k)などもすきです。

Mobile Suit Aleksey: The Origin
機動戦士アレクシ:ジ・オリジン

画像1

I was born in Russia near Moscow, but moved to California when I was three years old. I grew up speaking Russian and English. I started learning Japanese in high school over ten years ago and that’s when I fell in love with the Japanese language and culture. It was at this time that I decided that my future was with the Japanese language and not some other profession.

ロシアの首都モスクワ近郊で生まれましたが、3歳の時にカリフォルニアに移民しました。ロシア語と英語というバイリンガル環境で育ち、10年以上前に高校で日本語を勉強し始め、その時に日本語と日本文化に惚れました。
そして、自分の将来は他の職業ではなく、日本語に関わる仕事に就こうと決心しました。

Over the next few years, I went to Japan over short homestays to Wakayama and had a blast. In college, I chose Japanese language as my major and studied abroad in Oita Prefecture at Oita University. I had the time of my life there, making friends from all over the world (lots of Chinese friends), writing a research paper about Bushido, and even learning a bit of Mandarin Chinese. 但是,我说中文说的太不好 T_T

それから数年の間に、和歌山県での短期ホームステイを繰り返し、とても楽しかったです。大学では日本語を専攻し、大分県の大分大学に留学しました。あそこで、色んな国の友人(中国の友人がたくさんいました)を作ったり、武士道についての論文を書いたり、中国語(北京語)も少し勉強したりしました。

Eventually, I graduated from San Francisco State University with a degree in Japanese language and came to Japan to work as an ALT (assistant language teacher) on the JET Program (government-sponsored English teacher program) in 2016.

最終的にはサンフランシスコ州立大学で日本語の学位を取得して卒業し、2016年にJETプログラム(政府主催の英語教師プログラム)でALT(外国語指導助手)として働くために来日しました。

JET Program
JETプログラム

画像2

From 2016 to 2018, I worked as an ALT in Akita in the small town of Kakunodate. The town is famous for its preserved samurai houses and sakura trees lining the streets and riverbanks. I cherish every moment I spent there and still miss it like a second home. I miss the locals, the snow, and snowboarding most of all (and my favorite local bar). My time in Akita had a profound impact on myself as an individual, on my outlook on language, and general language skills. I learned culture, language, drink party culture, took the Japan Kanji Aptitude Test (super intense), and in general did a ton of other things.
Meanwhile, I was also doing lots of free translation jobs on the side for practice.

2016年から2018年まで、秋田県の角館という小さな町でALTとして働いていました。この町は、古から残されている武家屋敷や町中・川沿いの桜並木で有名な町です。あそこで過ごした一瞬一瞬を大切にし、今でも第二の故郷のように懐かしく思っています。地域の方々、雪とスノーボードが一番恋しいです(そしてお気に入りの地元の居酒屋)。秋田で過ごした時間は、個人としての自分、言語観、一般的な語学力に大きな影響を与えました。文化、言語、飲み会の文化び、日本漢字適性検査を受けたり、ありとあらゆることをしました。
その間、私は翻訳練習のために無料の翻訳の仕事をたくさんしていました。

In 2018, I made the difficult decision to quit and move onto bigger and better things in the city.

2018年半ば、JETを辞めて、都会で次のステップを踏もうという難しい決断をしました。

My Previous Job
前職

In 2018, I moved to Saitama City in Saitama and got a job as an HR/ALT support worker in an ALT dispatcher company.
This meant I was half an ALT and half an HR office worker. Most of the time, I was in the office, but there were periods when I was out substitute teaching all over the Kanto region, and occasionally in Kansai and Tohoku. I’ve taught at elementary and junior high schools in Tokyo, Saitama, Gunma, Yamanashi, Ibaraki, Tochigi, Nara, and Fukushima. When I was in the office, I was creating teaching materials and eventually started doing more and more in-house translation (I requested to get all the translating assignments because I love to translate).
I really enjoyed this job because I got to travel, meet many people, and level up my office and translating skills.

2018年に埼玉県さいたま市に引っ越してきて、ALT派遣会社の人事・ALTサポートワーカーとして就職しました。
つまり、私はALTと人事事務員のハーフでした。ほとんどの時間は本社にいましたが、関東全域、時には関西や東北で代行教師をしていた時期もありました。東京、埼玉、群馬、山梨、茨城、栃木、奈良、福島の小中学校で英語を教えてきました。会社にいる時は頃は教材作成をしていましたが、そのうちに社内翻訳をすることが多くなりました(翻訳が好きなので、翻訳の仕事はすべてこっちに回していただきました)。
この仕事をしていて本当に良かったと思ったのは、旅をして、たくさんの人と出会い、オフィスや翻訳のスキルを上げることができたことです。

My entry into WOVN and the translation industry
WOVNと翻訳業界への進出

My dream and eventual goal was always to become a translator, and WOVN granted my dream.

私の夢と最終的な目標はずっと翻訳者になることでしたが、WOVNはその夢を叶えてくれました。

I found out about WOVN through the mutual friend of a current WOVN employee. The mutual friend showed me information about a WOVN open house in January 2020. Since I lived and worked all the way in Saitama, I didn’t really feel like going that far. But I decided to take a chance, grabbed my resume, and went. And I’m very glad I did. WOVN’s mission really resonated with me and I was fascinated by the international atmosphere in the company.
Long story short, here I am doing the job of my dreams.

現役のWOVN社員の共通の友人を通してWOVNのことを知りました。その共通の友人から、2020年1月にWOVNのオープンハウスがあるという情報が手に入りました。私はかけ離れた埼玉に住んで仕事をしていたので、東京まで足を運ぶなんて少し面倒くさかったです。それでも、履歴書を持って行ってみることにしました。そして、行って本当に良かったと思っています。WOVNのミッションに共鳴し、社内の国際感に凄く興味を覚えました。
で、私は今、夢の仕事をしています。

My job in WOVN
WOVNでの仕事

I am a newbie member of the Localize team.

ローカライズチームの新米です。

I translate web pages and documents that need human translation from Japanese into English. I also translate from English to Japanese.
I also check other team members’ translations for improving the final quality.
A big element of translation/checking work is research. In order to do good quality translation, we must comprehend the text first and the underlying meaning and intent. To do this, we must research all of the terms and concepts that we don’t know (and there are a lot of these).

人力翻訳が必要なウェブページや資料を日英翻訳しています。英日翻訳をすることもあります。
また、品質を確保するべく、他のチームメンバーの翻訳をチェックしたりします。
翻訳・チェック業務の要素として、リサーチ(調査)が不可欠です。質の高い翻訳をするためには、まず文章の意味や意図を理解しなければなりません。そのためには、私たちが知らない用語や概念をすべてリサーチしなければなりません(分からないことだらけです)。

I mostly use our WOVN tool for directly translating web pages, but also translate by hand or use the CAT tool.

直接Webページを翻訳する時は主にWOVNを使っていますが、手動翻訳や翻訳支援ツール(CATツール)も使っています。

Recently, the Localize team has been in cahoots with the ES(Enterprise Success) team. And so I’ve been helping them with UIUX checks to make sure that WOVN is working correctly on our clients’ sites and that the translations are good quality.

最近、ローカライズチームはES(エンタープライズサクセス)チームと連携しています。そこで私は、クライアントのサイトでWOVNがちゃんと作動しているかどうか、翻訳の品質を確認するために、UIUXのチェックを手伝っています。

As an extension of translating, I’ve also been helping out with interpreting during meetings and various Zoom events. It’s stressful but super fun! I’m not that good at it yet so bear with me~!

おまけに、会議や各種Zoomイベントの通訳のお手伝いもしています。はらはらする仕事ですが、とても楽しいです。まだまだ未熟なので、間違い・聞き逃しする時にお許しください~。

What I like about WOVN
WOVNの好きなところ

There are quite a few things that left a good impression on me. But most of all, I love that I am able to live my dream with awesome coworkers. While I wasn’t able to meet most of the WOVN members because of COVID-19, meeting with the Localize team daily via Zoom is a great morale booster. We always have fun conversations during morning meetings and other occasions. Teranishi san ESPECIALLY livens up the scene! He is super funny and we have the same heart for dad jokes (or do we?).

いいなと思ったことはかなりあります。
しかし、何よりも、素晴らしい同僚と夢を生きていることが一番です。COVID-19のためにWOVNのメンバーにはほとんど顔を合わせて会えていませんが、毎日Zoomを使ってローカライズチームのメンバーと会うことで士気(テンション?)が上がります。朝礼などではいつも楽しい会話が弾んでいます。会議の時、上司のTさんは特に皆さんを盛り上げてくれます。Tさんはとても面白くて、私と同じようにおやじギャグが好きそうです(???)。

As for the other teams, I always have fun stalking people’s conversations on Slack and interacting during social functions such as Potekai and the drink parties. I very much appreciate that the company actively promotes communication and interaction between WOVN teams and members, especially in these strange times. I look forward to interacting in person again (drinking, karaoke, gaming, do all the things!).

他のチームについては、Slackでの会話をストーキングしたり、ポテ会や飲み会などの交流をいつも楽しんでいます。会社が、昨今のような世間の中で、WOVNチームとメンバーのコミュニケーションや交流を積極的に推進していることは、とてもありがたいことだと思っています。いつか実際に会って交流できるのを楽しみにしています(飲み会、カラオケ、ゲーム、何でもやりましょう!)。

As a whole, WOVN is a great place to work. Relaxed atmosphere but still very structured. Readily adapts new ideas and technology in order to evolve. And management greatly cares for the health and safety of the employees and actively works to improve the quality of the work environment.

全体的に、WOVNは働きやすい職場だと思います。リラックスした雰囲気でありながらも、とても組織的。進化するために、新しいアイデアや技術をすぐに取り入れます。総務も従業員の健康と安全を大切にしており、積極的に仕事の環境の向上に努めていただいています。

On a more personal level, I just love the work itself (translation, checking, interpreting). I’m a language nerd, and love studying and learning new things. Through work, I am able to do all these things. I am able to learn more Japanese, English (and Chinese?), and learn many interesting new things while researching. I am able to do what I love.
Plus, I get to see all the hilarious translations inherent to machine translation when doing checking work, lol.
The biggest drawback, though, is that time goes by too quickly during work, leaving me feeling that I barely accomplished anything. Well, as the adage goes, do what you love and you’ll never work a day in your life.

個人的には、仕事そのもの(翻訳、チェック、通訳)が大好きです。私は言語オタクで、新しいことを勉強したり、学んだりするのが大好きです。仕事を通して、これらのことができます。日本語や英語(中国語も?)をもっと勉強して、調べながら面白いことをたくさん学ばせていただいています。私が自分の好きなことをすることができます。
また、チェック作業をしていると、機械翻訳ならではのおもしろい(やばい)翻訳を目にすることができます(笑)。
ただ、一番の難点としては、仕事をしていると時間があっという間に過ぎてしまい、その日に何も達成していないな気になりがちです。まあ、「好きなことをしていれば一日たりとも働かない」と言いますからね。

Sieg Zeon(WOVN)!
ジーク・ジオン(WOVN)!



Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 20カ国以上から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVNカルチャーをインストールしてみますか?