事業成長への強いコミットメントに胸を打たれ WOVN へ。メンバーが安心して集中できる環境作りを【Rhythm Tanaka】
見出し画像

事業成長への強いコミットメントに胸を打たれ WOVN へ。メンバーが安心して集中できる環境作りを【Rhythm Tanaka】

WOVN では社内 Wikipedia のような存在で、社長をはじめ全メンバーから頼りにされている田中さん。前職で業務改善に勤しんだ話や、WOVN 入社の決め手を聞きました。

田中りずむ (Rhythm Tanaka) / Human Resources Department Head・CEO's Office
2018年5月入社
大学を卒業後、大手情報通信会社の管理部門に入社し、コスト削減や業務改善を中心に経営陣のサポート業務に従事。WOVN では、採用・労務・制度づくりなど人事全般を担当し、HR Department の立ち上げを行う。社長室では、組織・カルチャー作りを中心に経営陣ミッションのサポートを行う。

サッカーから学んだ、勝利への執着・持ち味の活かし方

私は小学生からサッカーをしていて、ユヴェントスというチームを20年以上応援しています。高校生の時にそのチームに所属するマルキージオ選手のファンになり、学生から社会人になっていく時に、彼の考え方や姿勢から大きな影響を受けました。

マルキージオ選手は、ミッドフィルダーというポジションの選手ですが、それ以外でも、チームや監督に必要とされればどのポジションでも器用にこなします。

しかし、それはただの穴埋めではなく、どんな役割でも自分の良さを活かして、彼にしかできない成果を出す、オールラウンダーに活躍する選手です。

彼は、6歳の頃から25年もユヴェントスに所属し、他のチームから高額な年俸でオファーが来ても断るんですよね。チーム愛が強く、勝利をなにより大事にするチームの方針に人一倍コミットメントする。

こういった姿勢も、私が彼の生き方や考え方が好きな理由の一つです。

また、こういった選手を魅了するユヴェントスのカルチャーにも惹かれました。ユヴェントスは勝利にすごく拘るカルチャーがあり、チームの勝利のために献身的に頑張れる選手を、チームもファンも評価します。

チームのために頑張れる人を大事にする点は WOVN と通ずるところがあるなと思いました。

画像1

新卒で大手情報通信会社へ

新卒で大手情報通信会社に入社することになるのですが、一部上場企業の管理部門の面接担当者が、ジーンズ・ラコステ・ロン毛に髭、という出立ちで登場し、初っ端から度肝を抜かれたことを覚えています。

会話が始まると、思考の深さと頭の回転の速さに惹かれ、この人みたいになりたい・一緒に働きたいと思うようになり、入社を決めました。

実際に入社すると、同期の多くが私と同じ理由で入社を決めていたことが分かり、配属先も、みんなその人と働きたいと希望を出していました。

その後、3ヶ月間の研修で、他の部署の魅力を知る機会があったり、また、その面接官が所属する管理本部長室という部署の厳しさを知り、少しずつライバルは減っていきましたが、最終的に晴れて私は面接官と同じ部署への配属となったのです。

管理本部長室では、管理部門全体を統括する管理本部長のミッション遂行やサポートが主な仕事で、私が担当したのはその中でもコスト削減と業務改善でした。

具体的には、社内の購買フローを見直してコストの適正さを審査するようにしたり、業務フローを見直して出戻りや無駄がない形にして、外注費を削減するなどをしました。

コスト削減はトップダウンでの取り組みも必要なので、経験が浅い中でも、事業部長・本部長クラスの方に課題をヒアリングしたり、提案しながら、利害関係を一致させ対話し、プロジェクトレベルで改善点のテコ入れを図っていきました。

お金や数字に対しての考え方は前職で養なわれたと思います。
ものごとを定量的に判断する風潮の強い会社だったので、ロジカルな人が多く、その人たちを納得させるために数字を使って説明する姿勢が身につきましたね。


1年目で会長に大作レポート提出

前職での思い出深い出来事は、世の中のコスト削減の事例をたくさん集めて、会長にプレゼンしたことですね。
今思うと大学の研究レポートのようでした(笑)

きっかけは、コスト削減に強いとあるファンドについてまとめて欲しい、という部長からの依頼でした。

そこは、世界的な外食チェーンや食品会社などを保有している ファンドで、企業を買収して、コスト削減を行い、利益を増やすことで企業を成長させます。アグレッシブで大胆なコスト削減手法が有名です。

調べていくと止まらなくなり、フランチャイズ経営の仕組みなど、どんどん周辺領域にも手を出した結果、超大作レポートに。

会長からは「これをまとめようと思ったことと、俺のところに持ってきたことがすごい」と労いの言葉をもらいました。


小学校3年生の時の誕生日プレゼントが広辞苑だったのですが、父親が「なんでも自分で調べなさい」というスタンスだったので、わからないことは徹底的に調べ上げるという癖がついていたんでしょうね。

画像2

会社愛・事業成長へのコミットメントに惹かれ WOVN へ

こうした仕事を4年ほどしましたが、私自身、経営陣のサポートが中心で、特定のスキルが身についている実感がありませんでした。

例えば5年間あれば、財務であれば予実管理、法務なら判例や知財のスキルを、社会人としてしっかり活躍できるレベルで身に着けられると思うのですが。

他の部署に行く選択肢もあったのですが、転職するのもありかな、と考えるようになりました。

前職は、ビジネスモデルが好きとか、周りの人が優秀、などが主な在籍理由で、自社で扱っている製品が好きという人はあまりいませんでした。

なので漠然とではありますが、自社製品を扱う愛社精神の強い会社がいいな、と。

スタートアップ数社の面接を受けたのですが、強く惹かれる会社があまりなく、一次面接で辞退することが続きました。

そんな時、エージェント経由で紹介されたのが WOVN です。

面接ではいきなり金髪の上森さん(COO)が入ってきて、前職同様の度肝を抜かれた感がありましたね。

林さん(CEO)・上森さんとの会話の中で、会社や製品に対しての愛情や、事業成長への強いコミットメントが伝わってきました。

当時会議室が1つしかなかった関係で、カフェに移動してもう少し話す時間を取ることになったのですが、その道中、私を差し置いて2人でずっと真面目に仕事の話をしてるんですよね。

当時、面接受けに来ていた私はお客さんの立場だと思うんですけど、そんなことお構いなしで。

その様子を見て、会社を良くするために常に考えを巡らせ、周りを気にせず熱くなっている姿勢に、いいなと思いました。

WOVN の内定を承諾した時に、会長に報告に行ったのですが、WOVN の説明が終わると10秒ぐらい上を向き「それいいね」と言ってくれたのです。

そこで、自分はいい会社に入るんだなと確信を持てました。

HR と社長室。組織を広げカルチャーを作る

現在私は WOVN で HR と社長室を兼任しているのですが、HR では採用実務はメンバーに任せながら、全体の方向性を定めたり、採用の仕組み作りや、制度作りを行うことが増えています。

人がいなくて忙しすぎるとか、努力しているのに報われないとか、そうしたノイズがなく、会社のビジョンや方向性に合わせて、自分やチームのミッション実現に没頭できる環境を作ることが HR の役目だと思っています。

社長室は主に文化作りで、林さん・上森さんがやりたいことの実現に向けて動いています。

トップの考えをメンバー全員に伝わる形に置き換え、またその逆もしかり。仲介役ですね。

その時にファクトと意見を使い分けることは気をつけています。林さん上森さんに対して、実際にあったことなのか・自分の意見か、をしっかり分けて伝えるようにしています。

画像3


WOVN のみんなへ

採用も制度づくりも、まだまだ課題や改善点がたくさんあります。そんな中で、色んな人からフィードバックやアイデアをもっともっといただけるようにしたいと思っています。

Localize the Internet の実現のために、もっとこうしたい、こうあってほしいといった考えを、組織や部門の垣根を超えて聞けると嬉しいです。

未来の WOVN メンバーへ

WOVN はとても良い会社です。経営陣が、「事業は人である」という考えを持って採用や組織づくりに大きくコミットし、一人ひとりのメンバーが活躍し、幸せになれるようにしていきたいと本気で考えているんだと日々感じます。

製品や事業も、将来性が大きく、世界のあらゆる国が協力し合い、より良い社会を作っていこうとする中で、WOVN は「最も大きな課題=言語の壁」を解決できる、欠かせないものになっていきます。

WOVN は長い目線に立って、社会に貢献していきたい想いを実現できる会社です。ぜひ同じ想いを持っている方と一緒に働きたいです。


本の紹介

インタビュー中に出てきた本を紹介します。
・「広辞苑」 岩波書店
・「反脆弱性」 ナシーム・ニコラス・タレブ著 ダイヤモンド社
・「ホモ・デウス」 ユヴァル・ノア・ハラリ著 河出書房新社
・「人生の短さについて」 セネカ著 光文社文庫
・「外国人戦略のための WEB 多言語化」 上森 久之著 日経BP社

本広辞苑


Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 25カ国から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVN カルチャーをインストールしてみますか?