自分のコードがもたらすインパクトを実感できたとき
見出し画像

自分のコードがもたらすインパクトを実感できたとき

WOVN MAGAZINE

難しい質問

「どんなお仕事をされているんですか?」これは、ソフトウェア開発者にとって好きでもあり嫌いでもある数少ない質問のひとつかもしれません。自分が日々扱っている技術に関するワクワク感や愛情を伝えたい。でも、自分がやっていることをどう一般の人に説明すればよいのでしょう?

自社製品と社会とのつながりを重視するテック系スタートアップがどんどん登場していますが、同時に、それが簡単に測れる目標ではないことも痛感します。

顧客向けの製品に携わっているラッキーな人であれば、スマホをサッと取り出して、ウェブサイトやアプリを人に見せることができるかもしれません。でも、それでおしまいです。「フォトエディター」、「オンラインショッピングサイト」、「睡眠モニター」などを見せても、多くの場合、相手は自分のこととして捉えていません。ただ見せるだけでは足りないのです。

数週間前、東京郊外のしゃぶしゃぶ店で友人とランチをしていたときに同じ質問をされました。そのとき私は、「レストランの住所やメニューをネットで見ていたとき、そのサイトが英語だったのは覚えている?日本のサイトではあまりないでしょ?うん、それが私の仕事。」と答え、常にないほどの満足感を味わうことができました。

自分の仕事を紹介するとき、あれこれ頭を悩ます必要がない。これこそが、WOVN で働くことと他の会社で働くことの大きな違いなのです。「自分のやっていることが周囲の人々に影響を与えている」、その例がとても簡単に見つかります。これは、WOVN が一歩抜きんでていることをはっきりと示しています。つまり、WOVN は営利企業であるだけでなく、社会に対し積極的に貢献しているのです。

社会のプレーヤー

日本は何十年にもわたってグローバル化の中心的存在であり、高品質な製造業や文化の輸出で有名ですが、国内でのグローバル化については大きく後れを取っています。

日本を第二の故郷とする外国人労働者はどんどん増えています。それに伴い、オンライン情報のローカライズ需要も急拡大しています。多くの人がテクノロジーの恩恵を受けていますが、外国人もインターネットを利用して、通勤電車の時刻表からデパートの開店時間まで、日常生活に役立つ情報を求めています。しかし、言葉の壁に阻まれていることに気づくと、当然がっかりしてしまいます。

WOVN は、日本におけるアクセシビリティをよりよくするため、ウェブサイトをローカライズすることに誇りをもっています。企業や団体がウェブサイトの多言語対応を行うとき、もっとも大きな課題は、膨大な量のテクニカルな作業です。WOVN はスペシャリストとして、技術面に限らず、ウェブサイトをローカライズするためのノウハウを提供しています。これまで何百時間もかかっていたコーディングやテストが、たった 1 行のコードを挿入するだけで済むこともあります。

幸運にも WOVN は、ユニークな状況にいます。情報のローカライズに対するニーズやソリューションは、どこであっても誰にとっても同じだからです。私たちは、もともと経済的に有利な立場にあり、社会にポジティブな変化をもたらすことができるのです。

他のテクノロジー企業なら、コミュニティへの参加に明確な目標を設定しなければならないこともありますが、WOVN は自然に参加できます。WOVN のクライアントには、金融機関、地方自治体、公共交通機関、飲食店、小売店、接客業など、私たちの日常生活に関わるものが多く含まれています。私たちが仕事をすればするほど、日本に住む外国人の生活は楽になるのです。

持続可能な未来

WOVN はいま、日本で躍進していますが、今後はどうなるでしょうか?WOVN のプロダクトとミッションは、今後のより大きく進化し続ける課題に当てはめてみても、意義を持ち続けることができるのでしょうか?

国連は、2030 年までに達成すべき 17 の世界的目標-SDGs を定めていますが、これが何らかの指針になるかもしれません。SDGs の目標の1つに、「産業と技術革新の基礎をつくろう」というものがあります。この目標を調べていく中で、私が最も衝撃を受けたのが情報格差という概念でした。

社会のインターネットへの依存度がますます高まっていく中で、インターネットにアクセスできない人は、より大きなハンディを背負うことになります。アクセシビリティだけではなく、この格差を埋めるために WOVN がすべきことはたくさんあると思います。結局、自分が理解できる言語での情報がなければ、インターネット自体の意味がないのですから。

WOVN のミッション「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」のように、私もみんながひとつになれる未来を願っています。


# Writer Profile
名前:Zeyu Wu(ウ ゼユ)
部署:Product Engineering Department / Swappers Team
WOVN 歴:1 年以上

Thank you💚
WOVN MAGAZINE
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 25カ国から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVN カルチャーをインストールしてみますか?