祝日は出勤日!多国籍チームならではの制度の意外なメリットについて
見出し画像

祝日は出勤日!多国籍チームならではの制度の意外なメリットについて

こんにちは、Wovn Technologies 人事の田中です。

Wovn Technologiesでは、祝日を通常の出勤日として扱い、その分を有給休暇として追加付与する制度があります。外国人従業員が多い中(従業員の半数近くが外国人、国籍も20カ国からなり文化もバラバラ)、それぞれにあった休みを取れるようにするのが狙いで、たとえば『ゴールデンウィークは普通に働いて、クリスマス休暇を3週間取る』といった働き方ができるようになっています。この制度は、厚生労働省の「好事例集」として2018年に取り上げて頂いたこともあります。

厚生労働省外国人材好事例集WOVN.io_

このように、この制度は、もともと外国人従業員のために始まったものではありますが、最近僕のような日本人にもメリットが大きい制度だなぁと思うことが増えてきました。

メリット1 おかしなタイミングで休まなくていい

祝日を持て余してしまうことはありませんか?
週ナカの火曜日に祝日があったり、つい最近、3連休だったのにまた祝日があったりすると、心と身体は仕事モードなのに休みになってしまい、せっかくの休日にやることがなかったりすることがあるかもしれません。
お休みの日に遊びに出かけたりするのも、もちろん好きなのですが、毎回3連休のたびに旅行するわけにもいかないですし、その結果、休みを持て余してしまうことが個人的にはすごく多いです。
前職の頃は、そういう日はインプットの日として、読書に費やしたりもしました。が、「休みの日に”仕事”をしている」ということに、なんか歯がゆさというか、気持ち悪さを感じてしまっていたのも否めません。
一方で、Wovnでは、そういうのは全く気にせず、祝日であってもやることがなければ普通に出勤すればOKです。特に2月は、一般的には稼働日がたった18日しかない中で、Wovnの稼働日は20日もあります。2月決算のWovnにとってこの2日はとてもデカいです。

メリット2 祝日は最高の作業Day

祝日はお取引先の皆さんがお休みで、社内の日本人メンバーも多くが休んでいるので、打ち合わせ、面接、会議などがあまり行なわれません。電話も鳴りません。オフィスもめちゃくちゃ静かです。そういう日なので、作業がとにかく捗ります!
今これを書いているのは祝日ですが、今日は、朝からWantedlyやBizreach等でスカウトを送ったり、来月に予定している年次全社会議の準備をしたり、調べものをしたり、こうした記事を書いたりしています。
ランチタイムは、普段あまりご飯を食べないメンバーとゆっくり過ごしました。ちょっとおしゃれなカフェまで行って、ロードバイクを買うべきか、クロスバイクを買うべきかの相談に乗ってもらいました。平日のいつもの稼働日では、なかなかこういう時間が取れないので、とても貴重だなと思います!

メリット3 やはり祝日はどこも混む

こういった制度がありながら、日本での生活が慣れていますし、妻は普通に祝日が休みの会社で働いたりもしているので、一般的な祝日に休むこともときどきあります。仕事自体は大好きなので、祝日を全然休まずに何ヶ月か働いたこともありましたが、段々とバテてくるので、定期的に3連休とかの休みを取ることもすごく大事だと実感します。
しかし、やはり祝日に休んで出かけると、当たり前ですがどこも混んでいます。普通の日曜日の1.5倍くらい混んでるように感じます。この前も、せっかくの休みの日に、ランチで1時間くらい並んでしまったりしました。
こんなときに、祝日は普通に出勤して、その分をどこか別の平日に置き換えてしまえるのは、すごく助かるなぁと実感します。それに普通の平日であれば、公共機関も空いてるので、土日にはできない手続きを進めることもできたり。
これは冒頭の、週ナカに休みが入って休日を持て余してしまう話とちょっと矛盾するかもしれませんが、たまには週ナカに休みたくなることもあります。それを国のカレンダーではなく、自分のペースで休んでリフレッシュして、混雑してないところに出かけられるのは最高です!

最後に(デメリットもあります)

いろいろとメリットを並べてみましたが、弊社では祝日にお休みをすること自体は、なにも問題ありません!日本人メンバーのほとんどは、当たり前に今日は休みをとっていて、ごくごく一部の人しか出社していません。
一方でデメリットもあります。たとえば、世間がお休みだと、どうしても働いてる側も仕事に身が入らなかったりすることがあります。会社からお給料をいただいている以上、有給休暇を取らずに出社したならば、全力で働き、成果を出す義務があります。が、実際には祝日稼働は、平日に比べて1人あたりの生産性が落ちてしまうことが時々あります。これはチームを問わず、無意識に起こる問題なので、気付いた人から口うるさく発信していかないといけません。

最後に、すこし人事からの宣伝みたいになってしまいますが、Wovnでは、原則全ポジションを積極採用しています!こうした祝日に関する制度や、日本人・外国人問わず働きやすい空間を作っていきたい人がいましたら、ぜひ人事ポジションにご応募ください。採用人事も募集しています!

Twitterでも発信を行なっております。


Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 20カ国以上から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVNカルチャーをインストールしてみますか?