【Hello WOVN #5 Tim】生活でも仕事でも言語と文化を楽しむ
見出し画像

【Hello WOVN #5 Tim】生活でも仕事でも言語と文化を楽しむ

※日本語訳は英文のあとにあります

◆General introduction

Hello, I'm Tim. I'm a programmer in the product side at wovn. I'm originally from the US. In May, I'll have been at wovn and Japan for 2 years. With my two year anniversary coming up, recently I've been reflective of my experiences in Japan and in Wovn.

◆Origins

I was born in Peoria, Illinois--it's located in the center of the US. Peoria is a medium-sized town of about 100,000 people. It's not a famous place and most people in the US even don't know about it. When people ask me where I'm from, I tell them I'm from Chicago. Chicago is also in Illinois, but actually it's three hours away from Peoria by car! Between Peoria and Chicago, there isn't much other than fields of corn and soybeans.

画像1

(with parents at WOVN)

◆Coming to Japan

When I was a child--I guess the same as many American children--I enjoyed Japanese media that was available in the US at the time--My Neighbor Totoro, Dragon Ball Z, and Pokemon. Me and my friends played Nintendo and Sega games together. I understood that these things were made in Japan but I never imagined that I would visit or even live in Japan.

After university, I was finally able to come to Japan for my holidays. My interests had changed a lot since I was young, but it was still a sort of magical experience. I visited Japan two more times after that. After the third time, I got the idea to get a job in Japan. I was so motivated, when I returned to the US I signed up for a kanji learning website that I used almost every day for four years (but reading Kanji is still hard for me!).

Even so, it wasn't until 2017 that I became serious about moving to Japan. Ideally, I was looking for a job related to language technology in a small company or startup, and one that didn't require advanced Japanese proficiency. The number of positions that matched those criteria was quite small--but wovn was one of them!

画像3

(lunch time with WOVN members)

◆What I do at WOVN

The product side of wovn is split into teams that specialize in certain domains--for example there is a team that builds the user interface and a team that works on the server code. I'm a part of the WTP Team (Wovn Translation Platform). If there is a problem or new feature request related to translation, there is a good chance that my team will work on it.

Before coming to wovn, I worked on language research, mostly in speech perception, for about ten years. It's quite different from what I'm doing now, but both are connected to language. Language is something I've always been very passionate about. I say that, but I'm only able to speak English. ^^" It a situation that I'm trying hard to change!

The engineering problems we face in translation come from different angles. One one side, there is the technical angle. How can we optimize the translation service to be able to translate more texts faster? What kind of information do we need to store with the translation itself? When a text can't be translated what can we do?

On the other side, there is the linguistic angle. For example, Japanese and Chinese don't use spacing between words but English does. What happens if we translate from Japanese to Chinese and there is an English word or phrase used in the sentence? As another example, Arabic is written from right-to-left while Japanese and English are written left-to-right. A system designed to work with one language might not work well with other languages due to such issues.

These various challenges are what make the work interesting for me. There are many opportunities for me to learn new things and lots of hard problems for me to think about.

画像3

(new year event)

◆What I like about WOVN

I've always been fortunate to work in international environments. Before wovn, I spent 10 years in an academic setting. The students and faculty were from different countries. Just by working near them, I could gain a broader perspective. Similarly, at wovn, I get to immerse myself in Japanese culture while also interacting with people from various cultures. It's a very lively atmosphere!

Because I'm a programmer, in my day-to-day work, I spend most of my time at my desk. However, I cherish the opportunities I have to work with my colleagues in other departments. When a client experiences a problem with our service or we need to plan a new feature, members from different teams gather to discuss the topic from different perspectives. From these sorts of interactions, I can gain new insight.

Working in such an environment also brings difficulty. No serious problems have happened, but sometimes there is miscommunication or misunderstanding. I'm fortunate that everyone here is very patient with me!

Outside of work, there are also opportunities to socialize with my colleagues. I often attend events like language exchange lunches or potekai meetings where I can talk with my colleagues in a more relaxed atmosphere. And sometimes after work, we'll go out drinking or play video games.

I'm very glad that I moved to Japan and am working at Wovn!

---ここからは日本語翻訳ver.---

◆自己紹介

こんにちは、Timです。WOVNでプログラマーをしています。アメリカ出身で、今年の5月でWOVN入社2周年になるので、日本での経験とWOVNでの経験について最近よく考えることがあります。

◆ふるさと

私はイリノイ州のピオリア(Peoria)で生まれました。イリノイ州はアメリカの中心部にあり、ピオリアは人口約10万人ぐらいの中規模の町です。あまり有名な場所ではないので、アメリカの人にもあまり知られていません。どこの出身か訊かれたら、いつもシカゴと答えるようにしてます。シカゴもイリノイ州にありますが、ピオリアから車で3時間もかかります!ピオリアとシカゴの間には、とうもろこし畑か大豆の畑ぐらいしかありません。

◆日本へ

私は子どもの頃、他のアメリカの子どもと同じ様に、当時アメリカで放送されていた日本のアニメを楽しんでいました。となりのトトロ、ドラゴンボールZ、ポケモン。友達と一緒にニンテンドーやセガのゲームもしました。日本で生まれたものと知っていましたが、日本に行くこと、ましてや住むなんて想像もしていませんでした。

大学を卒業した後、やっと旅行で日本に来ることができました。小さい頃と比べると興味関心はガラッと変わっていましたが、それでも不思議な体験でした。その後もう2回来日して、3度目に日本を訪れた後、日本で就職すること考え始めました。その時に凄くモチベーションが生まれて、アメリカに戻った後に、漢字学習サイトに登録しました。それから4年間ほぼ毎日そのサイトは使い続けました。(でも、漢字を読むのは今でも難しいです!)
真剣に日本で働くことを考えはじめたのは2017年になってからでした。理想としては、小規模の会社かスタートアップで、言語処理に関する仕事、そして日本語が堪能でなくても問題のない仕事に就くことでした。理想に合う仕事はとても少なかったんですが、その中でもWOVNは私の希望に合う企業の1つでした!

◆Wovnで私がやってること

WOVNの開発は、専門分野に応じて幾つかのチームに分かれています。例えば、UIを作るチームがあったり、サーバー側の担当するチームがあったり。私は、WTP(Wovn Translation Platform)チームに所属しています。翻訳に関係する問題・機能開発があれば、私のチームが対応することが多いです。
WOVNに来る前は、言語について、特に言語音声知覚の分野で、約10年間研究をしていました。今と仕事内容はは全く違いますが、どちらも言語に関係しています。言語は、昔から私が常に興味を持っている分野です。と言っても、話せるのは英語だけです(笑)。今は英語以外も話せるようになるために努力しています!

私達エンジニアが遭遇する翻訳の問題には、色んな側面があります。例えば、技術的な側面です。文章をより速く翻訳するために翻訳サービスをどのように最適化すればよいか。翻訳自体にどのような情報を付随させればよいか。文章が翻訳されない時、どうすればよいか。
一方で、言語的な側面もあります。例えば、英語と違って日本語や中国語は単語と単語の間にスペースを使いません。日本語から中国語に翻訳するときに、文の中で英語の語句が使われていたらどうなるでしょうか。日本語と英語は左から右に書きますが、アラビア語は右から左に書きます。そのような違いで、1つの言語で機能するよう設計されたシステムが他の言語ではうまくいかない可能性があります。

このように様々な課題が、私の仕事を面白くしています。新しいことを学ぶ機会が沢山あり、考えるべき困難な問題が沢山あります。

◆WOVNの好きなところ

私は、国際的な環境で働く機会にいつも恵まれてきました。WOVNで働く前は、学術的な環境で10年間過ごしましたが、学生や教員の出身地は様々でした。そのようなメンバーの近くで働いているだけで、より広い視点を得ることができました。同じ様に、WOVNでも、異なる文化の人々と交流ができ、日本文化にもどっぷり浸かることができます。

私はプログラマーなので日常業務の殆どの時間をデスクで過ごしますが、他の部署の同僚と一緒に仕事ができる機会を大切にしています。ユーザーが私達のサービスで問題に遭遇した時や新しい機能を計画する時に、色んな部署のメンバーが集って異なる観点から議論を行います。そのようなコミュニケーションの場で、違った視点や考えを得ることができます。

また、このような環境で仕事をしていると、困難なこともあります。大きな問題が起きたことはありませんが、誤解やコミュニケーションのずれが時々生まれます。ですが、WOVNの皆さんは理解があり寛容で、私は恵まれているなと感じます。

業務外でも、同僚と交流する機会があります。ランチで日本語と英語を教えあったり、ポテ会があったり。そういった時間は、いつもよりも気軽に話すことができます。仕事の後も、たまに呑みにいったりゲームしたりします。
日本に来て、WOVNで働けて本当によかったです!


Thank you💚
「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 20カ国以上から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVNカルチャーをインストールしてみますか?