WOVN MAGAZINE

「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 25カ国から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVN カルチャーをインストールしてみますか?

WOVN MAGAZINE

「Localize the Internet」を掲げる WOVN の「らしさ」を集めた総合誌。 25カ国から集まる多様性に富んだメンバーや、大切にしていることなど、黒子企業のインサイドが覗けます。 WOVN カルチャーをインストールしてみますか?

マガジン

  • EN_ WOVN MAGAZINE

    Click here for English articles

リンク

記事一覧

自分を作ってくれた場所

きっかけは英語の練習「英語、今のうちに練習しておくべきだよな」 なんとなくそう感じたのは大学3年の頃。真夏の就活、スーツで移動がつらすぎて、現実逃避的な考えがキ…

WOVN MAGAZINE
1か月前

大好きな友達がたくさんできた国

海外が好きになったのは大学生 私が人生で初めて海外に行ったのは大学2年生の夏休み。カナダで English Summer School に参加したことです。私にとって言葉も文化も違う外…

WOVN MAGAZINE
2か月前

いちいち悩んでいた私がのびのびしたニュージーランドで学んだこと

「わかる範囲」を広げたいという好奇心 小さいころから外国語に興味がありました。自分には分からない謎の音や文字。でも誰かには意味をなす言葉。理解できたら世界が広が…

WOVN MAGAZINE
2か月前

14歳と19歳の時に出会った2つのロシア

私とロシアの出会い 私が育った函館は、日本で初めて国際貿易港として世界に開かれた港町で、異国情緒が漂う街並みが魅力的だ。 そんな地元函館は、ロシアをはじめ、カナ…

WOVN MAGAZINE
2か月前

日本は第二の故郷???

2021年10月13日(水) 不安と戸惑いで成田空港に上陸した日、それが昨年10月13日。 「がらーん」とした空港。コロナ禍水際対策のため、要所要所で何度も同じ事を繰り返し…

WOVN MAGAZINE
2か月前

人生を変えた「気仙沼」

ボランティアとの出会い 高校生のころから国際的なことがらに興味があり、大学では国際政治学部に入りました。海外への意識が高い友人が多かった一方で、当の私はサークル…

WOVN MAGAZINE
2か月前
自分を作ってくれた場所

自分を作ってくれた場所

きっかけは英語の練習「英語、今のうちに練習しておくべきだよな」

なんとなくそう感じたのは大学3年の頃。真夏の就活、スーツで移動がつらすぎて、現実逃避的な考えがキッカケだった。就職活動をしていくうちに、「本当にしたいこと」「本当に好きなもの」がわからなくなるのは良く聞く話だけれど、私も例に漏れずに迷子になっていた。

「社会人になる前に何かしたいな」なんて考えていたとき、中高生時代に「英語が喋れる

もっとみる
大好きな友達がたくさんできた国

大好きな友達がたくさんできた国

海外が好きになったのは大学生

私が人生で初めて海外に行ったのは大学2年生の夏休み。カナダで English Summer School に参加したことです。私にとって言葉も文化も違う外国はすごく刺激的で、とてもいい経験になりました。

と同時に、もっといろんな国に行きたい!もっと英語を話せていろんな人とコミュニケーションが取れるようになりたい!と強く思いました。

1年留学も考えましたが、就活や

もっとみる
いちいち悩んでいた私がのびのびしたニュージーランドで学んだこと

いちいち悩んでいた私がのびのびしたニュージーランドで学んだこと

「わかる範囲」を広げたいという好奇心

小さいころから外国語に興味がありました。自分には分からない謎の音や文字。でも誰かには意味をなす言葉。理解できたら世界が広がりそうで、分かるようになりたくて、高校は国際学科のある高校に進学しました。その学校は公立ながらも、帰国子女や外国籍の方も多く、毎年10名程度留学に行く人がいました。ビビりでしたが、興味のあることはやってみたい性格だったので、留学に行こうと

もっとみる
14歳と19歳の時に出会った2つのロシア

14歳と19歳の時に出会った2つのロシア

私とロシアの出会い

私が育った函館は、日本で初めて国際貿易港として世界に開かれた港町で、異国情緒が漂う街並みが魅力的だ。

そんな地元函館は、ロシアをはじめ、カナダやオーストラリア、中国、韓国などと姉妹都市・友好交流都市提携を結び、国際化の推進に努めている。

私がロシアと出会ったきっかけは中学生の頃の交換派遣プログラム。

当時は部活動のテニスと習い事の新体操とで、忙しい中学校生活を送っていた

もっとみる
日本は第二の故郷???

日本は第二の故郷???

2021年10月13日(水)

不安と戸惑いで成田空港に上陸した日、それが昨年10月13日。
「がらーん」とした空港。コロナ禍水際対策のため、要所要所で何度も同じ事を繰り返し質問されて、スポット事で紙の書類を何枚も渡された。その質問の内容はカナダトロントの空港で質問されたものと同じであった。質問事項の答えに一つでも NO があれば飛行機には搭乗できないシステムになっていた、にも関わらず同じ質問に繰

もっとみる
人生を変えた「気仙沼」

人生を変えた「気仙沼」

ボランティアとの出会い

高校生のころから国際的なことがらに興味があり、大学では国際政治学部に入りました。海外への意識が高い友人が多かった一方で、当の私はサークル活動と称して飲む日が続いていました。友人から「やることないなら、海外ボランティアに行ってみない?」と声をかけられたのが、私の学生ボランティア人生のスタートでした。

その後海外へボランティアに行ったのですが、その直後に起こったのが東日本大

もっとみる